うつでも夢を

うつ病になってしまったおやじの闘病記や思うこと色々綴ります

アルジャーノンが発見されたよ!

time 2017/09/05

アルジャーノンが発見されたよ!

本日のニュース。ダウン症を改善する化合物「アルジャーノン」が発見されたよう。

京都大学の萩原正敏教授の研究チームが今日、米科学アカデミー紀要電子版に発表したそうです。

ダウン症は21番染色体が1本多い3本になることで起き、発達の遅れや、心臓疾患などの合併症を伴うこともある。グループは、神経の元になる細胞(神経前駆細胞)が増えないことがダウン症の原因の一つと考え、717種類の化合物をふるい分けし、神経幹細胞が前駆細胞を増殖するのを促進する化合物を発見。「アルジャーノン」と名つけたそうで。
それで、ダウン症の子供を妊娠しているマウスにこの化合物を飲ませると、飲ませていない妊娠中のマウスの子供と比較して、学習能力が向上する事が分ったのでありました。

「アルジャーノン」とはこりゃまた粋なネーミングにしたもんだね。ダウン症で、「アルジャーノン」とくれば、これはもう、「アルジャーノンに花束を」ってダニエル・キイスのSF小説から取ったに間違いないでしょ。
このお話、簡単に言うと、知恵遅れの主人公チャーリー・ゴードンが、担当の大学教授の研究で、IQを増大させる手術の実験台になるのですが。先に行った実験で「アルジャーノン」という名前のマウスのIQを増大させた脳手術をしていて、お利口なマウスをチャーリーが飼育することになるんですね。で、天才的な頭脳になった主人公のチャーリーだったのですが、ある日「アルジャーノン」に異変が起きて死んでしまいます。チャーリーはこの異変について自分で研究をして真実を究明するのだが、なんとそれは、この脳手術の適合状態で、またもとの知恵遅れに戻ってしまう事が分ってしまう訳。
それを知って、自ら施設へ戻って行くのだが、、、。正気の最後に、大学教授宛の手紙に「どうかついでがあったら、うらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください」で締めると言う訳です。

今回発見された化合物「アルジャーノン」も効果は測定出来ているものの、ダウン症の子供を妊娠したと分った親が、生むか生まないか、、、ヒトの命に関わることにて、倫理道徳的なことでも、まだまだ研究を重ねる必要がありそうですなあ。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


うつ日記

プロフィール

なおきち

なおきち

神奈川県川崎市在住のおぢさんです。 学生の時から、バンドやっていて、普段は音楽関係の仕事をしています。 ウエストコースト、プログレッシブ・ロック、ブリット・ポップなどが好きです。 趣味は釣り、水泳、マリンスポーツ、そして、家族と年に1回海外旅行に行くこと! ところが2016年からうつ病になってしまいました。このブログはそんな私の思いついた事を綴る日記ブログです。 [詳細]

最近のコメント

カテゴリー



sponsored link