うつでも夢を

うつ病になってしまったおやじの闘病記や思うこと色々綴ります

パーキンソン病のお薬が出来るようで。

time 2017/08/31

パーキンソン病のお薬が出来るようで。

パーキンソン病の治験がはじまるそうです。

京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授たちのグループが、11頭のお猿さんを使って、脳の中に人間のiPS細胞から作った神経の元となる細胞を移植して症状が改善するか、どうか観察する実験を行いました。

実験の結果は、表情の変化や体の震えなどの症状を示す指標は大幅に改善したそうです。また、行動の様子を撮影して分析すると、移植したサルでは歩く時間がおよそ3倍に増えるなど運動能力も改善し、脳を調べると、移植した細胞のうちおよそ13万個が神経細胞になって働いていることがわかったということです。

パーキンソン病と言えば、神経の細胞が失われることで手足が震えたり、体が動かなくなったりするという原因不明の難病です。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主演で一躍スターになったマイケル・J・フォックスも1990年、30歳を過ぎた頃から、パーキンソン病に犯されて苦しんでいました。

でもマイケルは偉いねえ、その後、パーキンソン病の研究助成活動を始め「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立。また自らの生い立ちやパーキンソン病との格闘を綴った自伝『ラッキー・マン』(Lucky Man) を発売し、国際的にベストセラーになってます。

今でも現役で役者のお仕事をしているようですが、家の台所でコーヒーを入れて運ぶのにもひと苦労とか、、、、。
頑張れ僕らのマーティー(バック・トゥ・ザ・フューチャーの役名)。頑張れマイケル!

もうすぐ、パーキンソン病の特効薬が出来るよ。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


うつ日記

プロフィール

なおきち

なおきち

神奈川県川崎市在住のおぢさんです。 学生の時から、バンドやっていて、普段は音楽関係の仕事をしています。 ウエストコースト、プログレッシブ・ロック、ブリット・ポップなどが好きです。 趣味は釣り、水泳、マリンスポーツ、そして、家族と年に1回海外旅行に行くこと! ところが2016年からうつ病になってしまいました。このブログはそんな私の思いついた事を綴る日記ブログです。 [詳細]

最近のコメント

カテゴリー



sponsored link