うつでも夢を

うつ病になってしまったおやじの闘病記や思うこと色々綴ります

ナルコレプシーってどんな病いなの

time 2017/05/16

ナルコレプシーってどんな病いなの

ナルコレプシー、簡単に言うと「眠り病」なのかな。日中において場所や状況を選ばず起こる強い眠気の発作を主な症状とする脳疾患(睡眠障害)である。自発的に覚醒を維持する能力、およびレム睡眠を調節する機能の両者が阻害されるとある。
日本だと2000人にひとりの割合でかかる病のようで、兎に角眠くなってしまうようですな。で、今のところこの病に効くお薬というのが無かったのですが、、、。じゃ〜ん、先程の報道では、筑波大学の研究チームがこのナルコレプシーの症状を押さえる物質を開発して、米科学アカデミー紀要電子版に掲載されたそうです。マウスの実験レベルみたいですけどね。
うつで不眠症の私にしては、自然に眠くなるなんて、、、羨ましいところではありますな。しかし、日中にどうしようもなく眠くなってしまったり、だるだるで無気力になってしまうと、こりゃもう、クルマにの運転は出来ないし、まともにお仕事も出来なくなってしまいますなあ。

ナルコレプシー、なんだか熱帯魚のネーミングみたいですが、疾患にかかっていらっしゃるご本人には悩ましい問題。早く良いお薬開発されるといいですね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


うつ日記

プロフィール

なおきち

なおきち

神奈川県川崎市在住のおぢさんです。 学生の時から、バンドやっていて、普段は音楽関係の仕事をしています。 ウエストコースト、プログレッシブ・ロック、ブリット・ポップなどが好きです。 趣味は釣り、水泳、マリンスポーツ、そして、家族と年に1回海外旅行に行くこと! ところが2016年からうつ病になってしまいました。このブログはそんな私の思いついた事を綴る日記ブログです。 [詳細]

最近のコメント

カテゴリー



sponsored link