うつでも夢を

うつ病になってしまったおやじの闘病記や思うこと色々綴ります

黄砂が飛んでくるらしい

time 2017/05/06

黄砂が飛んでくるらしい

ゴールデンウイークも終わりが近づいて来て、Uターンラッシュも落ち着くころかなと。気象庁の発表では、今日6日から明日7日にかけて、大陸から黄砂が飛んで来ると報じている。気象庁の提議では、「黄砂とは大陸性の土壌粒子が飛来し浮遊している現象」とされている。組成を調べてみると、主に石英、長石、雲母、緑泥石、カオリナイト、方解石(炭酸カルシウム)、石膏(硫酸カルシウム)、硫酸アンモニウムなどからなる。日本の普通の表土に比べるとカルシウムの含有率が高いことが特徴の1つであるとなっている。道端や、クルマの窓ガラスなどに降ってくると、なんとも黄土色でねめっとした感じのやつだ。粒の大きさは0.5 µm – 5 µm くらいらしく、大陸から飛んでくる間にいろんなものが付着して飛んでくるって訳ね。時期は2月から5月くらい、西日本や日本海側に多く飛んで来るようで、単なる大気汚染というだけでなく、カビや、色々な有毒なものも一緒にくっ付けて来てしまうので、アレルギーなど人体への影響だけでは無く、土壌汚染とかにも影響する訳です。
岐阜県出身の私ですが、子供の頃には「黄砂」なんて見たことも無かったのになあ。学者さん達の研究では、日本では少なくとも7万年前以降の最終氷期には黄砂が飛来していたと考えられている。また、江戸時代の書物には「泥雨」「紅雪」「黄雪」などの黄砂に関する記述が見られるようになった。また、俳句の季語としては「霾(つちふる・ばい)」、「霾曇(よなぐもり)」、「霾風(ばいふう)」なども用いられている。古くは、1477年に紅雪が降ったとの記録(『本朝年代紀』による)が残っているそうです。
クルマ洗うなら、明日以降にしたほうが良いみたいですなあ。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


うつ日記

プロフィール

なおきち

なおきち

神奈川県川崎市在住のおぢさんです。 学生の時から、バンドやっていて、普段は音楽関係の仕事をしています。 ウエストコースト、プログレッシブ・ロック、ブリット・ポップなどが好きです。 趣味は釣り、水泳、マリンスポーツ、そして、家族と年に1回海外旅行に行くこと! ところが2016年からうつ病になってしまいました。このブログはそんな私の思いついた事を綴る日記ブログです。 [詳細]

最近のコメント

カテゴリー



sponsored link